日本は歴史上の黒船事件の後、どうやって新しい人生を導いたのだろうか?

抗菌ハンド消毒剤ディスペンサー



それは黒のボートイベントに来るとき、まだ多くの人が認識している確かに、黒のボートの事件は、米国と日本の間の問題だったヨーロッパの外に、しかし、日本が閉状態にある外の世界と通信することはなかったです先進国は植民地拡大の急速な上昇を継続する必要があるので、日本に、米国は、米国がその扉を開いて日本を威嚇するために銃を使用し、黒船事件を立ち上げ、最終的には、米国は、日本が日米とプロ条約に署名した余儀なくされました。しかし、日本の将来の発展と、この事件の影響を受け、または迅速な開発を持っていなかった、私たちは日本での新しい生活の中でどのように案内係を見てみると、それはです!

日本の江戸時代のために、時々海の西に発送し撹拌人々クリーンいくつかのより多くの昆虫で長い平和な年ですが、南アジア、東南アジアの征服後の西洋植民地主義の基本的な完成を知らない、難しい試合があります船の銃は積極的に東アジアに侵入し、最終的には昆虫の音を雷の音に変えた。

米国の急速な拡大国家権力の設立後、我々はこのように国の最も積極的に日本の幕府の扉を開くことが求められ、最終的にこの目標を達成になって、信頼性の高いデポを得るために中国に太平洋を越え出荷する必要があります。 1837年、アメリカの商船モリソンは江戸湾に入り、貿易を要求しましたが、すぐに砲撃され、戻らなければなりませんでした。幕末はまた、将来この方法に従うと述べた。

行動する海岸沿いの危機をエスカレートの顔、江戸時代の蘭の専門家は、渡辺崋山や高野長英が「シェン機械論」、「夢の物語」や他の本を書いた、「混乱ストライクポリシーに投げ」批判西の設立を提唱平等な外交関係。しかし、幕府応答が代表としてこれを自殺している二人で、その結果、迫害を立ち上げた「刑務所のコミュニティの男、」実際に死んで最も西インテリジェンスの専門家の蘭集団の把握を行います。

清の敗北は不平等条約に署名する国を開くには、清政府を強制した後、1842年に、英国は中国に対するアヘン戦争を開始しました。日本へのニュース普及した後、最後に水野忠邦の古いシニアは1841年に急速に向かって幕府を横に振った佐賀学習オランダ軍高島秋帆でのドメインと弟子たちは関東に行くだろう、武蔵徳丸の元はオランダの使用を示しますオランダ軍のチュートリアルによると、銃や銃の芸術。 1843年に、エイリアン船の告発命令が取り消されました。 「天宝改革」案は反対を引き起こしたので、しかし、水野忠邦は1844年に辞任し、高島秋帆は実際にはすぐに彼の弟子たちは散乱、逮捕され、投獄されています。それ以来のニュースがあったものの、英国と米国とロシアは、日本の貿易に来て艦隊を送ることを余儀なくされますが、幕府はアメリカ艦隊ペリーが到着するまで何もしない、完全に埋めダチョウとなりました。

1848年、カリフォルニア州は、「ゴールドラッシュ」を引き起こし、新領土の米国の併合、と地面に金の発見となった、多くの移民がアメリカの太平洋岸に群がります。太平洋における貿易と捕鯨のために、日本がその扉を開くことを強制することは緊急の課題である。最後に、1853年7月8日、コモドールマシュー・C・ペリーが浦賀の港に到着した「黒船」艦隊を率い、断固後退することを拒否しました。幕府は、7月14日に大統領の資格を受け入れるために、窪みで式典を行った。来年の春に戻ってくることに同意した後、ペリーはやっと出発しました。 「黒船来航」イベント徳川システム全体が白昼矛盾を暴露しました:

最初の矛盾、外交幕府システムは、外交に対処する上で一般的な「マハラジャ」として、「マハラジャ外交」である日本人のアイデンティティの最高の頭ですが、日本では、日本が静止状態至高の皇帝の名目上のヘッドです。今、彼の資格情報を送信するために国家のアメリカの頭の社長として、このホットポテトが一般的である自身がそれに対処、あるいは天皇を投げる(すなわち皇帝「恩赦の約束」を要求) – エンド状態の日本の頭部が誰であるかということ?

第二の矛盾は、アメリカの砲艦が、戦争後、抵抗を実装するために清朝より難しいの偉大な国よりも日本の島国として、おろかのみ6700万直接の旗、幕府の家族の下に持っていることは疑いがあります。組織は自らの防衛力だけでなく、ポリシー「弱い力強化の終わり」の違反に日本全国​​で名を動員した場合でも、それはカーテンファンシステムの基盤を揺るがします。

あなたが外国の侵略に抵抗する独自の権利で幕府をしたい場合は第三の矛盾は、武士の軍は近代的な軍隊に転換しなければなりません。軍への武器から近代西洋思想の国立軍事確立、徴兵システム、トレーニング方法、万マイルよりもはるかに多くの武士の軍とのギャップ。だから、徹底的にさえ転覆「社会のセグメント、」封建社会の基礎、武士の軍が滅びると同じように世代から世代に渡さ改革。ボトムアップ給与の改革を実行する必要はまだありませんか?

第四矛盾、貿易は、幕府が最終的に、この新しい時代に、業界を養う富を高めるため、幕府のルールを統合するかどうかを他の国との貿易交流を理解することは、欧米諸国の目的。外国と日本の貿易は、国の政治、経済の統一は、現代の政府によって組織されるべきであること、国の障壁ファンを取り消す必要があります。それでは、徳川幕府の基礎となる援助体制が存続し続けることはできますか?

要約すると、「黒船来航」イベントは、徳川幕府の目の前に落ちる圧力、政治、外交、経済、軍事、社会的矛盾の多くになり、これらの矛盾は、この特性を持っている:保守的または積極的な幕府かどうか対策はより多くの矛盾を生むので、幕府の目には良い選択はありません。その後の歴史は十分に懸命にしようとしていないと非難することはできないとき危機の幕府の顔が、やろうとの結果?

最初の矛盾については、旧幕府のチーフ阿部真宏内のコメントのための国家の名も、「黒船来航」イベント、裁判所に報告して、一般により配置された「マハラジャ外交」外交意思決定の慣行を破る必要があった、とオブジェクトは、世代のスペクトルだけでなく、ビッグネームには、幕府の決定に参加する資格が一度もない外国人の名前も含まれています。このように、突然の責任を配分しているようだが、真ん中と下の侍とさえ民間人の状態になるまで、発信、天皇、または貧しい、外様大名は、政治への外交に関与しています。

1854年2月には、より大きな「黒船」艦隊率いる合意、とペリーに従って、再び日本に来たとき、および態度より威圧的治療幕府、最終的に開くように「日米とプロ条約」調印神奈川県に幕府を強制日本の国。西洋諸国は以来、将軍を強制的に縮小させている。すぐにより多くの摩擦を取るよりも何もないようなアンチ幕府の大名、外国名、下は戦士の民間人完全に手術や銃である一方で、「JUVENIAの追放」「天誅」プロ幕府の人々に従事し始めました。 – 将軍は、名前だけでなく、実際には日本の元首相の力の現実に直面しなければならない。

二矛盾のため、幕府は「平和と繁栄、力の減少の200年は、」現実には、船の建造に禁止の取り消しを取ることを認めざるを得なかった、沿岸防衛要塞の建設は、高炉と反射キャスト銃工場マークの建設は、オランダ人は、蒸気船注文しました海軍は1856年に陸軍にも軍事パレードの設立を宣言し、他の施策の中で、ブックのファンラントーンを作成するために、科学者を雇う、長崎台中を開きました。 1857年における米国の外交圧力ED幕府は、幕府はまだ電源はきっぱり断っていないとき、わずか2〜3年で数多くの決定は徐々にだけに、タフな交渉にもかかわらず、決定的とクイックと呼ばれる、実装されますが、 1858年には関税の自律性、領事裁判権(事実上の治外法権)、および一方的なMFN屈辱の他の側面に「友好コマースの日米条約」を締結し、金の流出、価格が急騰、無数の失業者倒産につながります。したがって、JUVENIAは、動きがより横行追放将軍テート・井伊直弼が立ち上げた「安政のパージ」を抑制することが、しかし、1860年にイラクで武装勢力が良くなり、「天誅」桜田は「桜田と呼ばれ、ドアに刺さドアの変更。 “将軍王子が率いる、より全体としてRangrang社会を持ち、国の西側に、より多くの改革を従事するも、名前の混乱を取った銃船、貿易管理、工業生産歩留まりの実装、近代的な軍事施設の形成を買います。補佐制度を支える「強く弱い」政策は、それ自体で崩壊する。

第三の矛盾のために、将軍は海軍、陸軍対応厳しい時代の近代化でなければならないが、現代の軍事技術と昔ながらの幕府リテーナは、1人の心のままにマスターすることを保証することはできません。 1864年、神戸勝利Haizhouは海軍の演習で開き、幕府は閉じ練習に次の年に、ラジカル理由を考えた坂本龍馬を、参加するために、すぐでした。 1862年、呉Suochengフルーツ状況の一握りを言う軍に直面し、幕府は「兵士福順」を発行したが、マンパワーや軍事率は1864年、この将軍「コホート」弾圧天狗党の反乱、トリビュート能力から旗の上に残っています全体的なパフォーマンスは完全に満足できません。

初期の1863年に、皇帝は動きが最高潮に達し追放裁判所の勅令一般徳川マウ、幕府を追放を命じ、期限に伝えるために3または貧しい本当の美しさを送りました。 8月には、理由のチャンスの彼はイギリスの「生麦事件」として知られる英国艦隊による薩摩報復砲撃斬首「薩英戦争を。」裁判所は幕府に何もアクションを追放しないように期限を指定したとき6月以来、最も活発な長州は、外国船への独自の隣をオフに解雇しました。イギリス、フランス、オランダ、アメリカは十分に持っていたが、1864年9月に艦隊を組み合わせた4カ国は、として知られている下関、砲撃召集「下関戦争を。」この戦争の結果は次の桂小五郎や他の指導者のための長州高杉の根本である、ほとんどのメンバーは、より多くの平民アイデンティティ「奇兵隊」や他の武装グループが依存しています。軍事コミュニティの転覆のこのタイプは、「農業、」封建階級制度が、また、発信者によって作成された国民の普遍的な徴兵制「帝国軍」の将来の実装です。軍は幕府と戦うためにための一般的な機器、銃や大砲「ジョーンズチームは、すべての」戦闘効果も賃金よりも高くなっています。

抗菌ハンド消毒剤ディスペンサー

抗炎症性食物,抗菌性サポ,抗炎症薬,抗生物質およびアルコール,抗生物質耐性,抗生物質副作用,抗菌剤,抗菌洗剤,抗菌洗剤,抗生物質分類,抗菌ボディーウォッシュ,抗菌ボディーウォッシュ,バクテリアにおける抗生物質耐性,抗菌クリーム,抗生物質アモキシシリン,抗炎症サプリメント,抗菌ダイアルソープ,抗菌ジャボン,抗菌口腔洗浄剤,抗菌性軟膏剤,抗菌性うがい薬,抗菌ワイプ,抗菌金属,抗菌カテーテル,クーラント用抗菌錠剤,抗菌ワイプウールワース,抗菌ハンド消毒剤ディスペンサー,抗菌シャンプー,

最も重要なのが、 – 第四矛盾のため、幕府はなく、選択の余地は軍事的、政治的、経済的なの表面層ではないようにと主なタスクは、欧米諸国に強いファンを不安を抑制することを目的とする一方で、優位に国としての地位を確立しますタスクは完全に失敗しました。 「池田屋事件は」闘争はすぐに北京皇居にチームを形成し、長州ラジカルの攻撃を加熱されたマーク1864年7月に京都で起こった、会津の防衛に責任がある、など薩摩藩として軍を倒すために力を合わせ、「禁じられたドア事件として知られています”ヶ月以上後、長州艦隊の「敵に向けて」再びの終わりに発売さ幕府によって荒廃4カ国になるまで減少し、「最初のサイン長い戦い、」状況がそれを取得として良いように思われます。しかし、この時間は、歴史的な転換点があった – 数ヶ月前と長州はまた、宮殿の門薩摩軍を禁止するために戦って、Xixianglongshengへのコマンドのチェーンが率いるは、パスと一緒に、電源投入時または貧しいが、「最初の兆候長い戦いにだまされました”それはできない。” SAは、坂本龍馬らプル文字列に続いて、2長い秘密ユナイテッドのファン、銃や大砲長州の多数の流入。だから、状況の急激な逆転、実際には、外国人の舞台裏活動に関連する – – 1865年幕府とフランスは経済と引き換えにフランスを犠牲にして(例えばフランスの会社による生糸貿易の独占など)日本の主権の利益の数を販売する非常に熱い果たしてきました、軍事的、政治的改革ガイダンスを含む多くの援助。イギリスとフランスの競争は自身が「薩英戦争」を通じて薩摩、西郷大久保と洞察力の他の人々の教訓をサポートするに転じている日本と西欧列強の間のギャップを明確に理解することは、封建システム全体を打倒しなければなりません日本は脱出したので、英国の援助を受け入れ、閉鎖キャンプに移った。

利用できる歴史のその後のコースは、記述するために、「吹いた」:1866年に、幕府はついに目覚め、「第二には、長い戦いに署名」が、この時点では積極的に軍隊は非常に少数の封建領主を持って協力することが、軍事幕府発足しました海と陸線によって発せられたすべての攻撃は失敗し、威信が払拭されます。最後の将軍徳川慶喜は、改革の最終ラウンドの実施を急いで:「ビングフー順は」キャンセルや兵士を雇うために直接お金を払うのフラグ能力、フランスの武器を購入、フランス人講師による研修を受けますが、十分な結果を得るチャンスを持っていたであろう、それらが強制されました1867年10月に、彼は「大政府を裁​​判所に返却した」、そしてこの試みは後退しようとした。しかし、難しく押すキャンプダウンカーテンは、1868年1月の初めには、「天皇は世界に」、「復元ビッグオーダー」を発行してから鳥羽京都、伏見決戦、徳川軍の敗北に近い両方の軍隊。保持皇帝に変換し、すべてのファンの連立政権をダウンカーテンのすべての方法ダウン江戸城への不可抗力に、チーフの実際の指揮官としてXixianglongshengによって「ロイヤルフラグカム」と「政府軍」を授け、徳川慶喜はありません「、自発的に江戸を退位しました血が市を開く。徳川幕府は破壊された。

You may also like